MENU
BLUE PASTA 真っ青になったスパゲッティ・スピルリーナ

BLUE PASTA 真っ青になったスパゲッティ・スピルリーナ

温暖化が引き起こす酷暑は小麦にとって厳しく、収穫量が減るだけでなく、
CO(二酸化炭素)濃度の上昇で、小麦や米など作物の栄養価が低下するという予想もあります。
未来は、貴重な穀物でしっかり栄養をとる必要があるかもしれません。
そこで、栄養不足を補うスーパーフードとして期待される青い色の「スピルリナ」をパスタと合わせて冷製スパゲッティに仕立てました。
見る人まで真っ青になりそうな見た目ですが、おいしくて栄養豊富。未来の食卓で青ざめずにすむはずです。

[参考出典] Nature Climate Change(スタンフォード大学の研究)2012/Nature(ハーバード大学の研究) 2014/ 「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」 環境省 2007

RECIPE

(材料)1人前

パスタ
50g
ズッキーニ
40g
生ハム
3~5g
アーモンド
3粒分

《クリームスピルリナソース》

生クリーム
大さじ4
パルメザンチーズすりおろし
大さじ2
にんにく(すりおろしてレンジで加熱したもの)
少々
適宜
こしょう
少々
スピルリナ粉
適宜

《スピルリナソース》 (作りやすい分量です、かけるとき加減してください)

50cc
小さじ1/4
白ワインビネガー
小さじ1
スピルリナ粉
適宜

(作り方)

  1. ①ズッキーニは専用の器具でパスタ状に削る。1リットルに10gの塩を加え、パスタを茹でて水でしめる。ズッキーニはサッと茹でて水でしめる。
  2. ②クリームスピルリナソースの材料と、スピルリナソースの材料をそれぞれ混ぜ合わせる。
  3. ③ボウルにクリームスピルリナソースと水気をしっかり切ったパスタ、ズッキーニを加え、和える。味を見てうすければ塩を加える。
  4. ④皿に③を盛りつけ、スピルリナソースをかけ、一口大に切った生ハムをのせて砕いて刻んだアーモンドをちらす。
    ※スピルリナソースにとろみをつけたい場合は、水、塩、白ワインビネガーを一煮立ちさせたところに水で戻したゼラチンを少量加えて氷水のボウルにあてて冷やし、とろっとしたらスピルリナ粉を加え混ぜる。